14回後 本人「気が付くと姿勢が悪くない時があって、始めは自分じゃないみたいで気持ち悪かった(笑)」
19回施術 14回目以降、自然体のままで姿勢が良い時間が増加。施術開始当初、本人「正しい姿勢を保つのがとても疲れる」ため、学校でも頬杖、うつ伏せになってしまうとのことだった。    

施術感想
 初めて会った時、胸部凹みが目立ち、グニャグニャとして、いかにも不良姿勢の印象でした。しかし、その印象とは真逆の礼儀正しいしっかりした挨拶、返答のできるお子さんで、本人にもどうにも出来ない姿勢状態が、彼の印象になってしまうことが非常に惜しいと思っていました。施術の進行でジワジワと姿勢が変化していき、彼の内面と外見が一致してきて本当に良かったです。破水・吸引分娩など、出産時の頭部外傷のような状態から出来た歪みだったためか、頭部の歪み自体は全体の2割程度しか現れず、他8割が身体の歪みでした。彼の場合、頭部変形を伴うような生まれる前からの歪みが大きいタイプではなかったようです。(吸引分娩脳内出血、1ヶ月入院。破水30時間後)

「側湾症、姿勢の悪さが異常」について中心軸整体の見解はこちらへ