中心軸赤ちゃん整体 
独自の施術法「骨格細分化調整」

「マス目の歪み」を整える「骨格細分化調整」という独自の施術を行います

骨格細分化調整のマス目の歪み

(2020年1月1日現在、中心軸赤ちゃん整体のみで行っています)

外見上の歪み

「歪み」と言って思い浮かぶのは、このようなものではありませんか?

赤ちゃん 頭の形 変形

赤ちゃんの頭の形が、絶壁、変形、つぶれている、三角形

赤ちゃん 側湾症 姿勢が悪い

背骨が曲がっている側湾症のような形

「マス目」の歪み

「マス目の歪み」という見方があります(中心軸整体独自のものです)

赤ちゃん頭の形 絶壁 三角 つぶれ
赤ちゃん 側湾症 姿勢が悪い

 私達の肉体には、骨や筋肉、皮膚のように、肉体を構成する要素の一つに「マス目」という存在があります。

 そしてこの「マス目」は「マス目の置かれた状態」により筋骨格に様々な影響を与え「身体の歪み」という形で、個々の違いを生じさせます。現代科学ではまだ認められてはいませんが、知ってる人が少ないだけで、実在するものです。

 そしてこの「マス目」の存在は、重力下でヒトが成長し、立ち歩く事にとても大きな影響を与える存在です。

側湾症 施術

 全身に網の目状に張り巡らされているので、一箇所にズレが生じると、水面の波紋の様に全身が影響を受けます。
 マス目の歪みは、 組織のかたより(密度の濃淡)を生じ、骨格にも影響を与えます。

骨格細分化調整とは

「マス目の歪み」を調整し、全身の歪みを整える施術法です。

頭の形を変えるための施術ではありません。マス目の歪みを整える施術です。
結果として、頭の形も変わりますが、個人差があります。遺伝的な形もあります。以下のイラストはイメージです。

赤ちゃん頭の形 つぶれ

1)全身の検査後、「マス目の歪み」のみられた箇所に、50〜300グラム程度の非常に軽い負荷を一定時間(数分)かけます。これは必要最小限の重力刺激により、歪んだマス目一つ一つが本来の位置に戻るのを補助しているだけです。痛みは一切ありません。

赤ちゃん頭の形 三角

2)一部分のマス目の歪みが移動すると、次に内在するマス目の歪みが表面化してきます。 次々に表面化してくるマス目の歪みを探し、同様に施術を繰り返します。

赤ちゃん頭の形 絶壁

*マッサージや関節を捻ったりする等の行為は一切行いません。施術後、再度全身のチェックをしてバランスの変化をみていきます。

赤ちゃん頭の歪み
外見上の歪みがなく「マス目」だけ歪んでいる場合

 骨格細分化調整は医療行為ではないため病気の治療は行いません。より良く立てる身体作りを目的に行う骨格調整です。

 骨格細分化調整で不快症状が改善する事があります。しかし「マス目の歪み」が原因の不快症状を「病気」と誤解されている場合に限ります。このような時「マス目の歪み」を整えることで、病気と思われていた不快症状の改善が期待できます。

 例えば、立てない、歩けない、発達障害、脊柱側湾症、猫背、向き癖、斜頚、外反扁平足、内反足、尖足、斜視、頭蓋骨変形と思われていた症状が、病気ではなく「マス目の歪み」が原因となっている場合、改善が期待できることになります。

 骨格細分化調整における検査は、病気の診断や、原因を特定するものではありません。「マス目の歪み」という独自の考えの元に、現状把握、調整箇所特定及び、全身バランスの変化観察の為に行われるものです。