以下、皆様から多く頂くご質問と回答になります。

調整は痛みのあるものですか?苦痛で、泣かせてしまうことがあるのでしょうか?

 調整自体は全く無痛です。会話のできる年齢になると多くの子供は「気持ちいい」といいます。しかし、じっとしていること、他人に触られる事が嫌で大泣きする子がほとんどです。特に2歳未満のお子さんの場合、調整時間中ずっと泣きっぱなしのことも多いです。

なるべく負担の少ない様に、状況によっては途中、抱っこしてもらい、一息ついて、また再開という形での進行になることもあります。調整自体はほとんどが、仰向けで行いますので、お母さんが上からあやし続けたり、添い寝で読み聞かせなどをしている方がほとんどです。調整時間中(約80分)ずっと、おもちゃ・手遊び・お歌・読み聞かせなどを駆使して、ひたすら泣かせないようにされ続けている方もいます。

初めての場所や人が苦手で、慣れるまで怖がり、親から離れることが難しい子なのですが調整は可能でしょうか。

初めは怖がり、泣く、動きまわる子がほとんどです。 皆さん、あの手この手で気を紛らわしながら、進めていますので、特に問題はありません。小さな音量でしたら、動画などを見せて頂いても構いませんし、絵本の読み聞かせなどは、発育にも大変効果的です。

生後何ヶ月から、調整を受けられるのでしょうか?

事例では生後2ヶ月の赤ちゃんが最短です。基本的に制限はありません。

どの位のペースで何回位通うのですか?通えるとしたら一ヶ月に一度位しか通えないのですが。

 お子さんの状況により様々ですが、一般的な成長曲線からのズレが大きい程、歪みの量は大きくなるので、週1回の調整が必要と考えます。

 例えば「1歳でお座り出来ていない子」と「2歳でお座り出来ていない子」の場合、後者のお子さんほど、早期に回数多く調整を進める必要があります。

骨格細分化調整は連日でも行えるもので、特に間を開ける理由はありません。安定してきた様子がみられた後、様子を見ながら月に一度、二ヶ月に一度と、間隔を開けていく事がほとんどです。

回数は、各自の目的、お子さんの状態、持っている歪みの大きさ複雑さによって数回〜数十回と様々です。

頭の形が気になっています。形は良くなりますか?まん丸になりますか?

「斜頭、三角頭蓋、頭蓋骨変形、頭の形を良くしたい」

当方で行う「骨格細分化調整法」はマス目の歪みを整えることを目的としています。問題とされている事柄が、マス目の歪みの影響をうけている場合、調整を行うことで変化がみられることがあります。しかしながら、斜頭という形を改善することを目的とした調整法ではありません。

事例検証では、斜頭のお子さんは多くいますが、斜頭だからと言って必ずしも、何か問題が起きるのではありません。実際の所、現代医学でも確定されたものではありません。この点については、当方でも現在研究中の内容です。

現在、特に問題は見られていないけれど「頭の形が心配で」ご利用を検討されている場合
1、骨格細分化調整(マス目調整)の目的(調整方法)
2、事例集(調整の可能性と、自分の要望に見合うものなのか)
をご覧頂き、内容をご理解の上でのご利用をお願い致します。

好転反応のような症状は、出るのでしょうか?

「てんかん」の症状がある場合、まれに一時的に大きく発症することもあります。 また、手術や矯正器具等で関節周辺に不自然な拘縮のあるお子さんの場合、調整後全身が馴染むまでの間、動きに不自然さが出る事があります。他は、ほとんどありません。

調整を受けるのが遅いと、歪みが治りにくくなってしまうんでしょうか?

骨格が固まっても、マス目の歪み自体は着実に減少していきますので「マス目の歪みが治りにくくなるという事はありません。ただし、年齢が上がる程、マス目の歪みは増加します。

現在特に問題があるわけではないのですが、少しでもいい状態で成長させてあげたいと思っています。また、何か問題があれば良くしてあげたいのですが、こういう目的でも申込みは出来ますか?

もちろん可能です。ただし、マス目検査をして、歪みがない場合もあります。その場合は、検査費用のみで5000円となります。

元々、骨格細分化調整が「より良く立てる身体作り」を目的として発展してきました。痛みや不調などの、表立った問題だけでなく「身体能力(運動能力)全般の向上」や「中心感覚を明確なものにしながら成長期を過ごさせたい」というクライアントも多数おられます。

小さいうちから行う事、成長期に継続的に行う事は、身体的資質向上に大変有効です。*身体的資質とは下記1)2)の総合です。

1)「運動的資質」=動き、運動、身体感覚を意味します
(バランス感覚、重心感覚、中心感覚、軸感覚、構造的に正しい動き、洗練された動き等)
2)「肉体的資質」=物質としての肉体を意味します
(骨格、内臓、筋肉組織、神経系統、歪みの少ない肉体等)

どちらにも以下の資質があります。
先天的:両親・先祖からもらった、生まれながらの資質
後天的:生まれてから、作り上げた資質
後天的な部分は各自の生き方、トレーニングにより高めることが出来ます。
骨格細分化調整を行いながら成長していくというのは、先天的な部分を高めることを意味します。マス目の歪みを少なくしていくと、2)の歪みの少ない肉体に向かい、1)の身体感覚の向上につながります。
多くの場合、先天的な部分をベースとして、その後の生活環境(食、運動、休養など)で個々の形、質が作り上げられていきます。