初回後 食べられるものが増えた。スプーンを渡すと自分で口に運べる。こぼしても自分で拾って食べられる。自己主張が増えた
3回後 コップを持てる様になった。引き戸を開けられるようになった
5回後 夜中目を醒ますことが少なくなった。視界が広くなったのか、色んなことに挑戦するようになった
7回後 手先の動きが向上。階段の登り降りスムーズになっている

施術感想
 上体上部右横ズレ湾曲のバランスでか、上半身は左横ズレC字状。全身を大きく左右に揺らしながらでないと歩行不可。痩せ、関節制限がないのではないかと思う位、全身グニャグニャ。
 調整開始から2年後、身長も伸びた5歳の時点では側弯の悪化はなく、現状維持。背骨の湾曲・度数だけを見れば、現状維持となるが、実際は上半身の横ズレがかなり中央に寄ったことで、歩行の安定、胴体部の安定になっている。言葉は出ないが、相手の話しを理解し、集団でも場に応じておとなしくしていられるようになった。視線の定まらなかった初回からすると別人のように変わりました。
(予定日より10日程早い出産。低体温でミルクの飲みも悪く、体重が増えなかった)

頭の形:左前右後ろから挟まれたような並行四辺形、横幅が細い

「側湾症、姿勢の悪さが異常」について中心軸整体の見解はこちらへ